NMN-なぜ生まれたか

『死』とは一体何か…それは多くの科学者と呼ばれる人たちにとって、考えられてきたことです。
人間は何をもって『死』と言えるのか、『死』とは一体どういうことなのか、そして、どうすればその『死』と言う結果を回避できるのか…いわゆる『不老不死』という、もはや概念ですらないそれを追い求めるために、様々な科学技術は発展してきたと言えます。
もし私達個体がすでに『死』と言う結果を回避できるものであるならば、ここまで急激に様々な科学技術が発展することもなく、経済が混乱することもなく、もっとゆっくりとしたスピードで、様々な物事が進んでいたかもしれませんし、そもそも『死』という結果が回避できるようになってからは、全く進んでいなかったかもしれません。

少し思考実験のようになってしまいましたが、それほど、私達にとって、『不老不死』は一つの夢でもありますが、考えれば考えるほど、それが遠い存在になっていくと言えます。
そしてそれが達成できていないからこそ、今の科学によって、『どれだけ寿命を延ばせるか』という研究がなされており、その過程において、『NMN』という物質が注目されるようになりました。
NMNとは、人間が元から持ち合わせている物質の一つとされており、私達の個体を構成する情報が全て記録されているDNA…そしてまたそれを構成する、『サーチュイン遺伝子』を活性化させる働きが、NMNにあるとされ、いわゆる『老いることのない』体が、いつか実現できるのではないか、として注目されています。



□関連情報
『サーチュイン遺伝子』を活性化させるNMN配合のエイジングケアサプリを購入できます --- NMN エイジングケア